☆スミニャックのホテルの違いを男性目線でご案内☆ |海外ウェディング ムーンシェル


海外挙式トップ> スタッフ研修記> バリ研修記 ☆スミニャックのホテルの違いを男性目線でご案内☆

スタッフ研修記

☆スミニャックのホテルの違いを男性目線でご案内☆

PHOTO
エリア スミニャック・クロボカン
テーマ ハネムーン
時期 2015/05/25~2015/05/31
投稿日 2015/6/3
投稿者 奥山 智史

data

担当地域・夏休みと、とにかくアジアを攻めまくっていた私もついに、バリ島へ進出することが決まった4月上旬。
数あるリゾートホテルを見てきて早8年、バリ島だけは、ホテルの違いが分からず四苦八苦・・。
特に、同じ男性の方は『バリ島のホテルは、どこが、何が違うの?』と迷われていると思います。
そんな方には、是非私の旅日記を参考にしてみてください。
今回バリ島研修で感じた、『バリ島と言えば、ヴィラに泊まらずしてどこに泊まる!?』を、肌で感じた男性目線情報をお届けします。
海が見えるOR近い・繁華街で美味しいものを食べたい、
という私の考えを基に、今回はスミニャックのホテルをご紹介致します。



PHOTO

PHOTO

PHOTO

①アナンタラスミニャック
※全室スイートタイプのビルディングホテル。オンザビーチ

お部屋は
1:アナンタラスイート(2F以上)
2:アナンタラプールアクセススイート(1F)
3:アナンタラオーシャンスイート(海側を見ている)

の3つのカテゴリがあります。

お部屋の違いは無く、景観や階層だけなので、すぐプールに入りたい方や、お部屋から海を見たい方は、1つずつランクアップをすることで可能です。



PHOTO

PHOTO

PHOTO

プールアクセス側では無く、ホテルの公共プールやお部屋の中もご紹介

①ビーチ・プール・レストラン、と、一直線に!
②お部屋の内装
③ハネムーンのお客様にはこんなバスルームに!



PHOTO

PHOTO

PHOTO

②ディシニ ヴィラ
※全22室ヴィラタイプでオベロイ通りまで徒歩5分。オンザビーチでは無い
※『ディシニ』とは、インドネシア語で『ここに』という意味。

ここに宿泊すれば、全てが癒される、という願いが込められたホテルです。
お部屋は1ベッドルームヴィラ(ラグジュアリースパヴィラ)のみ。

ディシニはホテル内にレストランはありません。
が、しかし!
ホテルの目の前にあるレストランをご利用頂くこともできますし、朝食や昼食、夕食はこちらのレストランで作るメニューをホテルまで持ってきてくれて、部屋付けで食事をとることが可能です。

良い意味で、朝食会場も無く、プライベートは雰囲気のまま、プールを見ながらの食事は、テンションあがりますね。

ディシニは、宿泊していないお客様もスパの利用が可能で、最大8時間パッケージというプランもあります。

チェックアウトが12時の場合、その後昼食を取った後、こちらのスパを受けて、空港に向かう、という方も多くいらっしゃるそうですよ。


オーナーの清水さんMRは、バリ島一優しい男性と評判です☆



PHOTO

PHOTO

PHOTO

ディシニの写真ももう少しご紹介致します。

①:敷地に入ると、奥に進んでいくと客室があり、あまり横には広がっていません。なので、迷わない!

②プライベートプールで優雅な一時を!

③お部屋はうれしい天蓋付き





PHOTO

PHOTO

PHOTO

③ヴィラアイルバリ
※ディシニから北に車で約2分くらいの距離にあるホテル。オンザビーチでは無い
※『アイル』はインドネシア語で水という意味。

ヴィラアイルバリとディシニに違いは、ホテル内にレストランがあることです。
ホテル以外の食事が少し怖い、とか、ロマンティックディナーを部屋以外でされたい方にはこちらがお勧めです。

ホテルに入る前には門がありますので、リゾートホテルに来たな、という感覚は出やすいですね。

ヴィラアイルバリも敷地は縦に長くプライベートプール付きのヴィラもあります。

お部屋は1ベッドルームヴィラが満室の為、2ベッドルームの写真ですが、内装は全て一緒です。



PHOTO

PHOTO

PHOTO

ヴィラアイルバリの写真ももう少しご紹介を

1:プライベートテラスで、こちらも、ここで朝食が取れます。
※レストランでも可

2:テラス席から見るプールの眺め、最高です。

3:バスタブももちろんあります



PHOTO

PHOTO

PHOTO

④サマヤスミニャック
※オンザビーチのホテルで、周りにレストランもある。オベロイ通りまでは離れているが、タクシーで行くことも可能。
但し、クタまで行ってしまうのもお勧め。

サマヤは、オンザビーチで、『ブリーズ』というレストランは地元でも有名で、そこから見るサンセットは格別です。

客室はプールヴィラ・コートヤードプールヴィラ・ロイヤルパヴィリオンと分かれております。

プールヴィラは景観無し・コートヤードはオンザビーチ側の敷地から、道路を挟んで離れたところで静かに滞在、パヴィリオンは海に近い側になる、という違いです。

『ロイヤル』が付くと、ランドリー毎日2つまで無料+ミニバーも無料・外にジャグジーが付きます。

『コートヤード』は敷地がオンザビーチから離れたところになります。
お部屋の大きさ等に大きな違いは無く、立地・お部屋の設備/利用条件が違ってくる、という点が異なります。



PHOTO

PHOTO

PHOTO

お部屋の写真も、もちろんご紹介致します。

①こちらもうれしい天蓋付き

②プールも大きくて、お部屋でもビーチでものんびりできますね。

③『ヴィラ』のバスタブ(インドアなので、パヴィリオンのお部屋ではないです)



PHOTO

PHOTO

PHOTO

⑤アリラスミニャック
※2015年9月にOPEN予定のアリラスミニャックは、アナンタラと同じくビルディングタイプのオンザビーチ
※サマヤの少し北に行ったところに、細い路地があり、その先がアリラスミニャック
※オベロイ通りまではシャトルバス有

アリラスミニャックはプールが5つ・レストランはオーシャンビューと、大型のビルディングタイプの中でもプライベート間を出せる場所作りを意識している、洗練されたアリラグループならではの、納得の作りです。

プールの一つから撮った写真ですが、眺めと風がとにかく最高でした

ビーチにもこんなに近いんですよ。



PHOTO

PHOTO

PHOTO

お部屋の写真も、もちろんご紹介致します。

①白を基調としたお部屋は、エレガンスで、清潔感も感じられます。
※ベースのお部屋である『スーペリア』でも46平米と、お部屋も大きいですよ。

②バスタブも当然あります。

③海が見える部屋は、少し高いですが、バリ島に来たらお部屋からも、プールからも見ないともったいない!?



PHOTO

PHOTO

PHOTO

⑥アメティス ヴィラ

スミニャックからさらに北に行くと、チャングーという地域があります。
そのチャングーとスミニャックとの中間くらいの場所にアメティスはあります。
今回私が最も衝撃を受けたホテルが、アメティスです。

なぜなら、
①プライベートプールが見てきた中で最も大きい
②敷地内は少しジャングルの様に入り組んでいて、ウブドの様
③他の高級ホテルよりも少し料金は安く、しかも専属バトラーが必ず
④チェックインはお部屋
⑤全室14室
⑥ビーチまでは徒歩3分
⑦お部屋の大きさは320平米以上!

これだけの設備を揃えているリゾートはなかなか無く、
日本語が話せるスタッフも2015年5月現在4名おり、スパ施設があるのはアメティスだけ!

バリ島に来たら、アメティスとジンバラン OR ヌサドゥアの分泊が一番いいのではないか!などと、欲バリ旅行も是非お手配致します。

アメティスは、必ずバリ島に来たら宿泊することをお勧めします。
視察時は夕方19時頃だった為、写真が暗いので、一部見えにくい場合は申し訳ございません。

まずはプライベートプール

お部屋も大きいですね

バスタブはお部屋の中です



PHOTO

PHOTO

PHOTO

せっかくなので、もう少しホテルの写真を

お部屋

スパ施設

お部屋で取る食事の際のテーブル



バリ島は写真を見るだけではなかなかイメージが付きにくい場所ですが、一度行ったらハマってしまう魅力があるのも良くある、一つの国で何度も楽しめて、満足できる国です。

ウブド&スミニャック、というのもありですが、個人的にはスミニャック&ヌサドゥアが最もお勧めです。

スミニャックは偏西風の影響などで、少し波が高いのですが、ヌサドゥアは波が穏やかで、ゆっくりとオンザビーチのホテルを堪能できます。

ビーチとウブドの方が、という方も、ビーチの違いを堪能したい、という方も、是非バリ島を検討されましたらお問い合わせください。