ボモ&リクリク ★ハネムーンに最適な2大お勧めリゾート★ |海外ウェディング ムーンシェル


海外挙式トップ> スタッフ研修記> フィジー研修記 ボモ&リクリク ★ハネムーンに最適な2大お勧めリゾート★

スタッフ研修記

ボモ&リクリク ★ハネムーンに最適な2大お勧めリゾート★

PHOTO
エリア ボモ島
テーマ ハネムーン
時期 20101206~20101212
投稿日 2010/12/26
投稿者 本社スタッフ

data

「あぁ、フィジーに帰りたい。年末のお休み、フィジーにもう一度行っちゃおうかな。」12/12の帰国直後の成田空港で最初に感じたのが、この帰国して尚またすぐにフィジーに行きたい!!フィジーに帰りたい!という望郷に似た感覚でした。普段の旅行は、刺激を求めて行った事が無い未知なる国を選ぶ事が定番で、成田に着くと旅行が終わってしまった寂しさはありますが、すこしほっとした気持ちになるのが常でした。ですが今回は、本当に寂しさが勝ち、フィジーへの想いが募るばかりでした。フィジーの良さは言葉にするが難しいのですが、一言で言うと安心感、だと思います。モルディブにもタヒチにもないこのゆるい感覚、故郷に帰ってきた感が、リピーター様を毎年増やしている要因だと思います。今回は、このフィジーでも特に豪華でハネムーンにぴったりの素敵なホテルを紹介いたします。



リクリク ラグーン リゾート

PHOTO

PHOTO

PHOTO

水上コテージがあることで有名なこのホテルは、17歳以上でないと宿泊でき無い大人向けのリゾート。
水上コテージは言うまでもなく素敵なのですが、ビーチフロントブレなどの陸上のお部屋も水上コテージと同じくウッディ調で落ち着いていてとっても素敵です。

リクリク ラグーン リゾートの特徴は、まず敷地が広くとても開放的であること。そしてママヌザ諸島の中でも海のレベルがかなりの高ランクであることがあげられます。珊瑚も多く、また透明度も高いのでフェリーでリゾートに向かう時に見る海の美しさには目を見張るものがあります。
そして海だけではなく、広大な敷地には沢山の木々が生い茂っていてジャングル的な雰囲気も少々。自然の色濃さを感じられるまさにフィジーの良さが凝縮されたホテルです!!
 
 
左 フェリーで到着した際は、まずここでゆっくりおくつろぎいただきます。
中 レストラン前では特別ディナーのセッティングも
右 移動はカートをご利用ください



水上コテージのご紹介

PHOTO

PHOTO

PHOTO

お部屋は木目調でとても落ち着いた大人の雰囲気。
ただ、豪華というよりも大人がゆっくりとくつろげる温かみのあるリゾートで、デラックスホテルと言えど全く肩肘張ることはございません。あくまでもナチュラルにお過ごしいただける雰囲気です。

テラスも広くて開放的ですし、バスルームも白を基調として清潔感があります。リクリクリゾートでは雄一、水上コテージにバスタブがありますが、そのバスタブからは海が見えてとってもロマンチックです。
 
右 お部屋の中にはガラス床が!(シンクにも小さなガラス張りのところがあって心憎い演出あり!)
中 バスタブから海が見えます!(女の子の夢ですね!!)
左 お部屋から直接海に入れます!



(DLX)ビーチフロントブレ

PHOTO

PHOTO

PHOTO


ビーチ前にあるコテージタイプのお部屋は、木々の多い敷地を通り過ぎてお部屋に向かう性か、それとも水上コテージで使われている木材より濃い色の物をつかって建てられているからなのか、よりウッディ調が強調され更に落ち着いた雰囲気でくつろげます。
(ビーチフロントのお部屋とデラックスビーチフロントのお部屋の違いはテラスにジャグジーがあるかどうかです。)
水上コテージもよいですが、やはりフィジーの緑豊かな雰囲気を味わっていただきたいので、是非ビーチフロントブレとの分泊をお勧めいたします。

左 デラックスビーチフロントのテラス(デイベットもあってゆったりモード)
中 お部屋はより落ち着いた雰囲気に
右 部屋の目の前は綺麗に整えられすぐに泳ぎにいける距離



ボモ アイランド リゾート

PHOTO

PHOTO

PHOTO

 続きまして、ボモ アイランド リゾート!

高級リゾート、ボモ アイランドリゾートは想像以上にスタイリッシュで且つモダンな洗礼された雰囲気のホテルです!

( 白を基調としたお部屋や、バスルームは清潔感があって、老若男女どなたにも受け入れやすい内装となっています。)


調度品やインテリアが全てにおいてデザイン性に優れ、見ていて飽きることがありません。オーナーのホテルに対する思い入れ、おしゃれな空間を作り出すことに対する妥協の無い拘りが伝わってきます。

オーナーに、ボモ アイランド リゾートのセールスポイントを伺うと
「美味しい食事と、ロックバスー、プライベートアイランド、そして洗礼されたスタッフさ!」とのこと。

確かにここのスタッフはフィジアンの気さくさの中にも、どんなお客様にも対応できうるちゃんと接客業の教育を受けているという雰囲気がありました。

左 お部屋の雰囲気 (ちょっとしたインテリアにもこだわりが!)
中 レストラン (オーナーがフィジー一美味しい!と絶賛)
右 レストラン前のプール(プール自体も大きくて、しっかり泳ぎたい人にもぴったり。特別ディナーのセッティングがされています。)





スタイリッシュな雰囲気はセレブ感を味わいたい方向き!!

PHOTO

PHOTO

PHOTO

ボモアイランドのヴィラが立ち並ぶビーチエリアから徒歩15分、リゾートの西側に「ロックスバー」というサンセットバーがあります。ここは本当に眺めが素晴らしい!特に夕日が差し込む時間帯は、STWスタッフも思わず歓声を上げてしまった程の素敵な雰囲気!!(雨が降ってしまった日はレストラン横にあるスタイリッシュな雰囲気のバーも是非ご利用ください。)

1島1リゾートのこの島は、1周1時間半ほどの比較的大きな島ですが、ずっと美しい砂浜が続いていてどこで泳いでもOK。また、もっとプライベート感を重視した特別な体験をしたい方には、1日1組限定で目の前にある「ボモライライ島」にいくプライベートアイランドピクニックツアーもございます!

左 特筆すべきはサンセットバー (ロックスバー)
中 レストラン横にあるおしゃれなバー
右 ヒルサイドバンガロー(広さはビーチフロントヴィラと同じで高台にあるので眺めがとっても素敵です)




PHOTO

PHOTO

PHOTO

最後に、、、
ビーチリゾートではホテル選びでその国の印象が変わってしまうほど、重要なポイントです!!

この二つのホテルの大きな違いは、より洗練されたスタイリッシュな雰囲気がお好みの方はボモ、あったかくナチュラルな雰囲気がご希望の方でしたらリクリクがご希望に沿うかと思います。

また5つ星の大人のリゾートという雰囲気にもかかわらずボモはお子様もご利用いただけるのも特徴のひとつ。(勿論ベビーシッター、キッズクラブサービスあり)

どちらも美味しい全食事ですので滞在中、余分にお金を払う心配が無いのもうれしいですね。


是非、リゾート選びで迷ったときは弊社スタッフまでお気軽にお声かけください。
 
左 美しい夕暮れの雰囲気

中 リゾート内にはさまざまな固有種のお花が咲き乱れます
右 ボモで飼育されている海がめ